最終発酵完了はどのようなタイミング?【自家製酵母パン教室:奈良】

最終発酵完了はどのようなタイミング?【自家製酵母パン教室:奈良】

パン作りのコツ

こんにちは。

酒種酵母専門パン教室をmiette d’or(ミエットドール)を主宰してます庄原清香(しょうはらさやか)です。

今週から酒種酵母ベーシックレッスンがスタート致しました。
新しい人が連日いらっしゃりドキドキする毎日を過ごしてます。

酒種酵母が初めての方ばかりですが、パン作りが全く初めての方も来て下さるので基本をしっかりと学んでいただいてます。

パン作りの基本、丸める・ドック型・伸ばす事。

初回レッスンはこちらを学んでもらってます。

そしてパン作りで大切なのが発酵です。

酒種酵母専門パン教室miette d’orでは発酵をしっかりと分かるように、1次発酵完了生地を触って・見てを確認してもらいレッスンに進みます。

今回は最終発酵の見極めをお伝えしますね。

成型完了したパンを発酵させて焼成します。

どのタイミングでオーブンに入れたら良いのでしょうか??

一回り大きくなってる事を確認してください!!

そしてそっと指で押してみてください。

 

弾力がなくなりフワッとした感じを掴めるかと思います。

そして指を離した時に生地がパンと張って戻ると発酵不足です。

指の跡が残るぐらいまで発酵させて下さいね。

 

ピンクの〇で囲ったところです・・(分かるかな?)

これで45分ぐらい発酵させました。

発酵完了の目安は時間ではなく生地の感覚でみて下さいね。

美味しいパン作りしましょうっ。